何某の日進月歩

心に移りゆく由無し事をそこはかとなく書きつくっています

一定年度経つと捨てられないよねって話

お題「捨てられないもの」

 

現在わたしは一人暮らしをしているが、引っ越す際にかなりの物を処分した。

服も処分したし、大学のプリント類はもちろん。書籍もある程度はメルカリで売ってしまった。

しかしその中でも、私がなんとなく捨てられず、持ってきてしまったものがある

それは小学生の時に作ったリースだ。

 

どこの県にもあるような、ゆったりのんびりをセールスポイントにする牧場の、これまたゆったりのんびり自然派森ガール達をターゲットにしたドライフラワーの店に入った私は、そこで手作りでリースが作れるという体験に参加した。今考えると、リースもドライフラワーもしっかりとした本格的な物だったから、それなりにお値段もしたんだと思う。あの時のお母さんありがとう。

 

初めて触るホットグルー(グルーガンではなかった。開発されていなかったのかな?)と、バラバラになりそうなドライフラワー、ねだってつけてもらった鳥の置物でなんとか作ったリースは、そのまま私の部屋のコルクボードの上に鎮座することとなり、約10年は飾られていたことになる。

10年も経つと流石に色褪せてきていて、鳥は外れてどこかに行ったし、花も元々は薄いピンクだったのが白茶けてしまっている。どう見てもこれはお役御免かな…と思っていた。

 

ところがこいつは現在、私の玄関に鎮座して主人の帰りを待っている。なんだかんだで捨てられないのだ。だってインテリアあると可愛いんだもん。

加えてこれにはもはや「思い出の品」的な価値が付与されてしまっている。こうなると捨てることはさらに困難になる。捨てた方がいいかな…でも10年も使っているもんな…あの頃私はこうだった………みたいな事が思い起こされるのだ。私だってこんな歳で思い出が出来るなんてびっくりだけど。

しかし思い出とはそうやって溜まっていくのだろう。昨日一昨日はただの過去だが、10年前、20年前は思い出になりうるのかもしれない。逆に、思い出として自分と切り離し、品物に預けておかないと、思い出に囚われる悲しい人と周りから見られるかもしれない。それだけは避けたい。

 

そんなわけでこのリースは引き続き私の玄関に鎮座しているのである

 

何某の家のここが好き

お題「我が家のここが好き」

 

何某は一人暮らしです。一人暮らしの家、好きなところしかないです。

 

でもあえて挙げるなら、玄関。

ざ、家の顔ですね。

 

照明はガチガチのイエローで、家から持ってきたリースとフレグランスを置いてます。

それと、カギと腕時計入れるための箱。出勤前はこの箱を開ければ必ず腕時計をつけることができるシステム!

考えた時、天才か私?と思いました。

 

家のインテリアを考える時、心に留めておくのは、「生活感を出さない」「必要なものは箱に入れて中身を見せない」の2点。

 

これだけ床や壁が見えて、余裕のある生活のように見せることができる。

目に入るものがいっぱいあると、情報量の多い部屋と思われて人が安心しにくい。そう考えてます。

 

そのお陰か、私の家には箱がいっぱい…お菓子のかわいい箱とか、捨てられないですなぁ。

 

 

何某の好きなシリーズもの

お題「好きなシリーズもの」

 

私が好きなシリーズもの、いっぱいありますよ?いっちゃっていいんですか?良い?じゃあ行きます

 

シリーズと言うと、やっぱり思い浮かべるのは本ですね。書籍のシリーズは大好きです。元々本は読んでいたので、その時に蓄積したものが多いですね。

とりあえずザッと思いつくのは

ハリーポッター

・勾玉シリーズ

・守人シリーズ

・クロニクルシリーズ

テイルズウィーバー・レゾナンス(TW)

 

この辺りですかね。テイルズシリーズなどはアニメやゲームで有名ですが、私は書籍のテイルズシリーズが好きです。ハードカバーはもう絶版になってしまっていて、私の好きなイラストレーターの本はもう図書館にしかないんですけどね。 

ちなみにこのシリーズはゲームになっていますが、音楽だけは良い糞ゲーと言われているので私はやってません。

楽しいところ、美味しいところだけ持っていくのが何某のやり方

 

ハリーポッターはもう言わずもがな。みなさん大好きのシリーズ。

ちなみに私はルーピン先生が好きです。何であんなに推せるんだろうと自分でも不思議なのですがね。

 

守人シリーズは、獣の奏者で有名な上橋菜穂子さんの、奏者の前に書いてたシリーズです。

NHKでproductionIG担当のアニメもされていたんですよ。短槍使いの女主人公による世界観の大きい物語で、大人から子供まで楽しめます。

児童書に分類されるのですが、大人の方でも読めるものです。ハードカバーソフトカバー、文庫本もありますので、好きなものを手に取っていただければ

 

勾玉シリーズは、上橋菜穂子さんの友人である荻原規子さんのシリーズです。

アニメだとRDG(レッドデータガール)の原作者ですね。本人がアニメ好きなこともあって、おたくでも読みやすい文章が良いところです。

舞台は古事記日本書紀があるので、古典文学好きや、それ以外にも神話系が好きな人なら刺さるはず。

 

 

他にも海堂尊のバチスタシリーズや、クロニクルシリーズ、ガフールの勇者たちも大好きなのですが、文字が増えるのでこの辺で。

 

やっぱり私はファンタジーシリーズが好きなんですねぇ。いや知っていたけど。

 

もしおすすめの本とか作品が有れば、ぜひコメントか、引用ツイートなど教えてください。

面白いって思っていただけたら、拡散お願いします〜

何某の気分転換

お題「気分転換」

 

わたしの気分転換、というほどのものでも無いのですが

やるとリラックスできるもの

 

それは、バランスボールです。意外ですか?

 

仕事でテレワークの時、眠くなったら椅子をバランスボールに変えるんです。

それだけであら不思議、重心が安定しないので、眠気が吹っ飛びます。

 

リラックスしたい時は、ソファに座りながら、足をバランスボールの上に乗せます

そうすると、足が上に上がるのでリラックスできるんです。

 

これ、最初に人に言うと「え?そんなことあるわけないでしょ」と言われるんですけど、実際にやってみるとみんな目を丸くします。想像以上に足の疲れが取れます。

外回りの仕事が多い人だったり、足がむくむ立ち仕事の人は、一度やってみると良いのでは?

 

バランスボールのリンクはこちら↓

Amazon限定ブランド】プリマソーレ(primasole) フィットネスボール 空気入れ付き バランスボール フィットネス https://www.amazon.co.jp/dp/B0822WP38K/ref=cm_sw_r_cp_api_i_uNcwFbZSYCF1S

 

何某のもしもの備え

今週のお題「もしもの備え」

 

わたしの考えるもしもの備え

 

それはズバリ、お金です。

 

大体半年分ぐらい?私の生活費が預貯金に有れば大丈夫です。そのためにも自分の生活費は出来るだけ稼いでおく必要があります。

逆に言えば、それだけ最低限稼げばいいんで、最低賃金の基本ができますね。

 

ちなみに、私は一月13万円ほど必要です。特に夏はエアコンを使いまくるのでそれで必要になりますね。お風呂も入るし洗濯物割とこまめにやってしまう。食費は今後抑えていく予定です。

 

皆さんは月々どれぐらい使っていますか?良い節約のコツとかあったら教えて下さい

 

何某の考える最高の簡単レシピ

お題「簡単レシピ」

 

 

切れてないカマンベールチーズと野菜スティックをコンビニで買ってきて

 

カマンベールの上を出来るだけ薄ーく切ります

 

大きい方を耐熱容器に乗せて、レンジで中のチーズが柔らかくなるまでお好みでチン。

 

大体20秒ぐらい。やりすぎると暑くなるからダメ

 

取り出して、野菜スティックにつけて食べる

 

簡単チーズフォンデュです。やる気があればソーセージをつけるとQOLが上がります。

 

 

私の簡単ご飯でした

何某の怖い話

今週のお題「怖い話」

 

3年ぐらい前ですね。私は塾のアルバイトをしていて、夜が遅かったんです。

 

塾のクローズが22時なので、家に帰ってくるのが大体22時30分ぐらい。

 

週3ぐらいで、友達からお土産でもらったガラス製のお守り?キーホルダーを付けたバッグで通い、子供の世話をひたすらやっていました。

 

塾までは自転車で行っていたので、帰りも「早く帰ってご飯食べたい…」と考えていましたし、疲れた時はもう終了時刻しか考えていませんでしたね。

 

家に帰りたいので、自然と自転車のペダルも早くなります。丁度下り坂だったこともあって、風を感じて気持ちよかったんですよ。

 

横断歩道を渡るまでは。

 

突然、眩しい光に照らされて、左から大きな音がしました。何がわからず左をみると、メタリックな板が私の、ペダルをこぐ足のすぐそばに…

 

自動車が、私を認識せずにまっすぐ進んで来ていたのです。

幸いにも向こうがとまってくれましたし、何もなかったのですが、「死」は強烈に感じました。

 

信号機も無かったし、お互い様、と言うことで。

 

 

ああ危なかった。私も初心者ドライバーだし、起こさないようにしよう。それにしても暗闇の運転は怖いなあ、なんて思いながら家に帰ってきてカバンを置くと、カバンから何か落ちてきたんですよね。

 

なんだろうと思ってみると

 

友達からもらった、あのお守りが割れていました。

 

それだけです。